(放送事故、ハプニング)
 
タレコミコーナー
放送事故タレコミコーナー【放送禁止用語も大公開】
   【TOP】
  放送事故の定義
  更新履歴
  全ての 掲示板 はココから
   バラエティ編
   バラエティ編(日テレ系)
   バラエティ編(日テレ終了)
   バラエティ編(TBS系)
   バラエティ編(フジテレビ系)
   バラエティ編(フジ27時間)
   バラエティ編(フジ終了)
   バラエティ編(テレ朝系)
   バラエティ編(テレ東系)
   バラエティ編(他)
   やらせ関連
   ニュース編
   ニュース編(NHK)
   ニュース編(日テレ)
   ニュース編(TBS)
   ニュース編(フジテレビ)
   ニュース編(テレ朝)
   ニュース編(その他)
   CMハプニンング
   CM自粛、中止、変更
   公共広告機構
   松下電器CM自粛
   CM雑学
   CM規制
   消費者金融CM
   海外CM
   お色気CM
   エキサイティング編
   エロ番組編
   温泉中継編
   スポーツ中継編
   オリンピック編
   ホントの事故編
   NHK編
   NHK編2
   NHK商品名編
   NHKエキサイティング編
   政見放送
   NHK放送禁止曲
   歌番組編
   放送禁止歌編
   笑っていいとも テレフォン
   笑っていいとも遅刻出演拒否
   笑っていいとも 年内終了
   笑っていいとも 観客乱入
   笑っていいとも コーナー
   ローカル局編
   テロップミス編
   アニメ編
   ドラマ編
   映画編
   特撮編
   電波停止編
   ガセネタ編
   海外編
   ラジオ編
   その他
   
  有名な放送事故
  ジャネットポロリ
  菊間アナ落下
  鶴瓶開チン
  集団窃盗告白
  8時だよ全員集合停電
 
  放送禁止用語について
  部落、身分差別
  人種差別
  職業差別
  障害者差別
  性差別
  わいせつな表現
  男性器表現
  女性器表現
  まんこ おまんこ
  汚い言葉
  「きちがい」
   
  リンク1
  リンク2
  リンク3
  リンク4
 
放送事故【歌番組編】


顔にボカシ処理について
□投稿者:法律の出来る行列相談所 さん
■歌の大辞テン
 この番組は実際の素材VTRにさまざまな編集を施して放送してます。
 まず浅香唯さんの出演してた歌番組の映像で共演者(?)と思われる人が曲の間に映りますが、
  顔にボカシ処理をしてました。
 しかも2回ほど同じ事がありました。
 不祥事を起こした人でしょうか?

□投稿者:うの さん
 映像使用許可が必要な人なんじゃないんすか?

□投稿者:くえすちょんマン さん
 不祥事を起こした人だったらまずモザイクをいれずにそのシーンをカットすると思います。
 昔の歌番組を放送するときは不祥事を起こした人が出てない番組の物を使うのでは?

□投稿者:JAM さん
 他の番組でもたまにありますよ。
  「王様のブランチ」の視聴率ベスト10とか。

□投稿者:泉州太郎 さん
 皆さん、肖像権ってご存知?
 つまり、本人もしくはその権利を持つ人の許可無く放映できないって事。
 許可の取れなかった人はボカシ、取れた人は写るってことで。
 今は知らないが、沢田研二はその昔、過去の映像の放映許可を一切断りその結果、
 名場面集等で寺内貫太郎一家のおばーさん(樹々希林)の名ゼリフ
 「ジュ〜リィ〜〜〜」のときのポスターすらカットされたらしい。
 ただ、映っちゃいけない人が映ってるときも、ボカシがかかりますがね。

□投稿者:c.i. さん
 歌番組で昔のVTRを使う際に、脱退したメンバーが映らないように編集する場合が多いですね。
 関連事項としては、最近放送された「Matthew's Best Hit TV」で、
 「L'Arc〜en〜Ciel の全曲紹介」みたいに言っておきながら、「虹」以降しか紹介しなかった。

□投稿者:法律の出来る行列相談所 さん
 「大辞テン」だと初期のモーニング娘。(脱退したメンバー)の映像は編集されてます。
 「memory 青春の光」という福田のラストの曲では、人気があったうえ卒業する福田の映像が当然多いはずだが、 福田の顔はほとんど映ってないですね。
 
  光GENJIの映像を使う際、事務所を脱退したメンバーの顔が映らないように編集されてます。
 メンバーの中でも一番人気のあってショットが多いはずの諸星和巳がほとんど映りません。
 脱退メンバーのソロの部分は引きの画を使ったり、間奏のメンバー全員が激しく動いてる引きの画だったり、
  別のメンバーのアップを使ったり上手くやってます。
 ちなみに他局はほとんど素材のまま放送してます。

 CHA−CHAの歌映像にも。
 先月放送の「歌の大辞典」の映像にもボカシ処理された男性が映ってたが、誰だか気になる。
 ちなみに観客の顔はそのまま放送してる。

 SMAPの初期の曲は数年後のライブビデオの映像を流してます。
 理由はメンバーの森が脱退した関係です。
 彼は現役当時人気があり、ソロもありましたが、
  ライブビデオでは他のメンバーが代わりに歌ってて違和感があります。
 発売当時の歌番映像を上手く編集してでも流して欲しいと思う。

 森はMステスペシャルを見ても、絶対に映さないみたいですね。(マイケル)

□投稿者:AYATO さん
 その人が今芸能活動をしていない方であるとか単純に素人さんのプライバシー保護のためだったりします。
 また写真の顔へのぼかしの場合は他に出演者や関係各位の許可がない、
  または要望によりぼかしを入れることもあるようです。
 
  少し前にやっていたドキュメント番組
 スポーツ選手の怪我の苦悩とそれを支えた名医を紹介する番組でK-1の角田信朗の事を紹介してた際、
 現役時の写真が出たのですが隣に立っていた佐竹雅昭の顔にぼかしが入ってました。
 佐竹はK-1を飛び出して現在格闘家として独立してます。
 正道会館(K-1日本選手の道場でかつて佐竹も所属)との折り合いが付かないものと思われます。

□投稿者:AYATO さん
  あの人は今?系の番組
 子門真人を捜索してようやく本人の住居を発見したが、本人が芸能界から離れたひっそりした暮らしを望んでいたた めリポーターの話には応じるもカメラは遠く離れて撮影、リポーター以外一帯は全てモザイク処理という何処で誰と 話しているか解らないような事態になってたことがありました。

潜入!欲望の巨大街!!新宿24時
その中で顔写真が入っているキャバクラの看板が映る場面があったのですが、
10人ぐらいのキャバクラ嬢の顔写真のうち1人だけぼかしがかかっていました。
(2004.10.2)(百済さん)

まだポルノグラフィティを脱退したTamaは普通に映ってますね。
別に隠すことでもないからでしょうか?
まだ最近のことですし。
SMAPはだいたいいつも森脱退以降のライブの映像ですね。
サザンも大森隆志氏が脱退してますが、桑田佳祐と原由子以外はあんまり映らないから問題ないのかな?
「勝手にシンドバッド」の再発時のPVはうまく構成されてましたよね。(Southernさん)

ダウンタウンDX
田代まさしが例の事件を起こしてすぐの放送のこと。田代も出演していて引きの画などでは収録にいるのは解るんですが、見事な編集で出番はすべてカットされてました。(AYATOさん)

数年前のテレビ東京の特番
横浜銀蠅の翔が覚醒剤で逮捕されたすぐ後のこと、その番組に翔も出てましたが出番はカット、映像上顔が映り込む場面では顔にボカシを入れて処理してました。(AYATOさん)


いまさら モザイク
年明けの福男を決めるレースで、去年一位を取り逃した人が、今年は一位なのでおめでとうと言うことで顔も名前も生活も公開して特集してました。
後に同僚たちが妨害工作をしたとのクレームで、福男の権利を返還する事件がありましたが返還が決まってから名前は伏せられて顔にモザイクが・・・
あれだけ報道がさらしてるのに今さらと思ったことがあります。
(蒼蒼さん)

その逆パターンが「カレーにヒ素を混入」した事件ですね。
はっきりしないうちから堂々とインタビューしてモザイクかけて、
警察に捕まったらモザイク無しの映像に切り替える。
(小さん)

http://planet-d.hp.infoseek.co.jp/matome/2004/fuku.html

佐賀バスジャック事件の緊急報道特別番組。
犯人の17歳の少年(当時)の顔をモザイク無しで堂々と生中継していたと思う。(犯人が未成年だったからね。)
(2000)(最強隊長さん)

世界まるみえテレビ特捜部で戦闘機のエンジンの中に整備員が吸い込まれてしまう事故のシーンにモザイクが入っていた。
この事故の映像は何度かテレビで見たことがあるけど、モザイクがかかったのは、昨日始めて観ました。
(2004/11/09)(くえすちょんマンさん)
ある番組で「カックラキン大放送」の1シーンを流したとき、
元歌手の高田みづえさん(松ヶ根親方夫人)の顔にはぼかしが入っていました。
ご本人の許可が出なかったのでしょうが、もしかしたら相撲協会の方でなんらかの規制があるのかも。
(フルパラゼロスさん)

NHK「その時歴史が動いた」では、過去の大河ドラマなどを使用して歴史事象を説明する場合(大半がNHKの歴史ドラマから使用)、俳優の顔がハッキリと映らないように、また、画面全体に「シャ」を掛けて鮮明に見えないようにして使用しています。
ドラマ放映以外に使用するため、使用の際に出演料(画像使用料)が発生するのかなと思っていますが、どうなのでしょう。
それとも、出演時の契約の問題かな?その出演ドラマとして以外には使用しないという。(0123さん)

原則として、「本放送」と「再放送」には「出演料」が発生します。資料としての短時間(数分程度の)「映像使用」であれば、発生しません。
有名なところでは、「8時ダョ!全員集合!」のDVDは、ドリフのネタ部分しか収録されていません。(OP映像は許諾が取れた人のみが出演、その他の人は顔が隠れている映像を使用)
また、NTV「池中玄太80キロ」は出演した女優の許諾が得られず、今年(2004年)まで第2部の映像商品化が遅延していました。
(晩ですさん)

許諾の問題と出演料発生の問題のどちらなのでしょうか、「その時歴史が動いた」の場合。
歴史ドラマから切り取って使用し、別番組を制作しているので、ハッキリと見せないのは、出演料を払わないで済ませるための「苦肉の策」なのでしょうかね?
それとも、ドラマの著作権を有しているNHKだから、単に、俳優などに遠慮して、ハッキリ見せないだけのことなのでしょうかね?
いずれにせよ、この番組制作スタッフは、ハッキリ見せたいのは、ヤマヤマなれど…なんでしょうね。
だから、偶に、番組独自で俳優を用意して演じてもらうというパターンもあります(ハッキリと表情も見せたい演出の場合、見せなければ番組の盛り上がりに欠ける場合など)。(0123さん)

10数年前に自分の子供に[悪魔]とつけようとした事で話題になりましたが、
各局ワイドショーと各局ニュースによってその親子[父・母・赤ちゃん]に
顔モザイクがかかっていたりいなかったりで、意味の無い報道をしていた。
結局噂によると父親の方は麻薬かなんかやっていたらしく捕まったようですが…。
(じじさん)

とんねるずも生ダラに出演していましたね。(くえすちょんマンさん)

電波少年にもね。(JAMさん)


ミュージックステーション (テレ朝)
新人堂真理子アナ、「布袋(ほてい)」を「ぬのぶくろ」と読み間違える。
堂真理子アナにとっての2回目のレギュラー放送のこの日、布袋寅泰が映画『キル・ビル』のテーマソングである「BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY」を披露しに出演したが曲紹介のときに堂アナが「ほてい」を「ぬのぶくろ」と読み間違えるハプニングが発生。
布袋ファンからは苦情が殺到した。
ちなみに、この事について布袋は後日堂アナをフォローするコメントをしていた。 (2004.4.23)(放送禁死さん)
Mステでオナニー談義


Just Fit相談室のコーナー
私は高校2年生
つき合って、4ヶ月になる彼とは清く正しい男女交際って感じです。
ところがある日、彼の家に遊びに行った時に、彼の部屋に突然入ると…


彼がマスターベーションをしていた。
今までつないでいた彼の手が、あんな事に使われていたなんて。
彼が悪くない事は分かっています。
でも、どうしても不潔に思えてしまって、普通に接する事ができません。
一体、どうしたらいいのでしょうか?

つんく
「とうとうミュージックステーションも性問題について…………僕の得意分野ですけど」

有賀?
「ドアを開けた瞬間から、女の人の喘ぎ声が聞こえてきちゃったんですって」

つんく
「あ、ビデオか何か?」


有賀?
「そうなんですよ。それで彼のモノを見てしまったらしくて、それも生まれて初めてだったんですって」


つんく
「結構いいモノかもしれないですね」



タモリ
「あんたも、大胆にゴールデンタイムから…モノ?
「まあ、これぐらいで不潔だったら、何年か後にはもっと不潔な事を好きになってるはずなんだけどね」



つんく
「それがしたくて仕方なくなるんですけどね」

タモリ
「奈美恵ちゃん、そういう場面に遭遇したらどうする?」


安室
「結構ショックかもしれない…でも一緒に楽しんじゃえばいいのにね」

つんく
「何をですか?」

タモリ
「なるほどね。そういう事ね」

つんく
「どういう事なんですか?」

タモリ
「一緒に楽しんだら、こういう時間非常に言い回しが難しいんだけども」


安室
「一緒にネ、エッチしちゃうとか…」


つんくが振り返ると、背中に「SEX」の刺繍がしてある

タモリ
「あ〜SFXね。奈美恵ちゃん大胆な意見でしたね〜」
「奈美恵ちゃん、大胆な意見でしたね〜」

有賀?
「高橋さんどうですか?」

高橋
「そうですね、手伝ってやるとか…」

 

つんく
「アレは尊いモノですから」


女性 ←誰か教えて下さい
「じゃあ、ラッキーだったんですかね。すごい貴重だと思いますよ」



ユキ ←誰か教えて下さい
「ラッキーじゃん」

タモリ
「ユキちゃんはラッキーだと?」


ユキ
「今話聞いてたらね、多分私も、モノを見た事なかったらね」

一同笑

ユキ
「OH、NO〜ってびっくりしちゃう。まあ最初の内だけじゃない」

つんく
「すぐ慣れるって?」

ユキ
「だんだんもっと刺激が欲しくなる」

有賀?
「大友さんどうですか?」

大友
「どんなカッコイイ人でもしてる事ですから。男のウォーミングアップだっつう事で…」

つんく
「ウチのメンバーもやってますよ」


「地方をツアーで回って、ホテルのビデオが楽しみやったり」

話が盛り上がる

有賀?
「タモリさん、そろそろ…」
「この方のお悩みは大した事無いって事で…」

タモリ
「全然大した事ない!」



すごいですね。
この動画すごい面白いと思いますが。
いい性教育だと思いますよ。
1995年なので、アナは有賀さつきでしょうか?
ハッキリ「モノを見た」って言ってますね。
この時の女性陣、ものすごくストレートに語ってくれました。
感謝です。(マイケル)

マイクスタンド倒して口パクバレた!

活動停止中のNEWSの中心メンバー山下智久君が、自身の主演ドラマの主題歌でミュージックステーションにソロで初出演。
満を持してのソロ1st「抱いてセニョリータ」を歌う。
おや、2コーラス目のはじめの方字幕と歌が違うぞ。1コーラス目の歌詞で歌っちゃたね。
まあこのくらいよくあること。
さあ2コーラス目も終わって、間奏、サビの繰り返しでいよいよフィニッシュだ。
あっ、マイクスタンドを倒しちゃった、必死で立て直す山下君、歌声はまったく乱れなく続いてる!
つまりサビ以外の部分はちゃんと歌っていて、振りが激しくなるサビの部分は口パクだったのね。
(不破銀狼さん)

最初のタモリとのやり取りも台本、歌詞間違えも台本(間違え用音源使用)、マイク倒れた(ハプニング)。
この時点で今までの口パクじゃない疑惑がパーに。
歌詞間違えた部分でハモリも歌詞間違えてる=完全に仕込み。(12さん)


タモリ)
「よくねえ、初めてソロでデビューするとね、歌詞を忘れやすいんですよ」

堂真理子)
「プレッシャーになるような事を…」

山下)
「いや、そういう事は本当にもう! タモリさん、ちょっと空気読んで下さいよ」


「大人ぶって、ガキ扱い」と間違って歌う。


マイクスタンドが倒れ、それを追っかけるが、歌は全く影響ナシ


堂真理子)
「ありがとうございました」

タモリ)
「ちょっとね、歌詞がね。やっぱりアガってましたか」

堂真理子)
「緊張されてましたからね」

タモリ)
「僕がプレッシャーをかけたから。。。」
(笑


堂真理子)
「そして山下さん、どうでしたか?」

山下)
「まつがっちゃった」
(笑)


http://www.youtube.com/watch?v=4_RxDfblpCk
(動画 ハァハァさん)(動画掲示板No.322 こうじどうさん提供 youtube掲示板No.209 イカ足配線さん)

(挿絵 NAOさん)

内田有紀のブラジャー丸出し(リハーサルは1995.8.18、本放送は1996)


リハーサル中に内田有紀のブラがはみ出してしまった。


本番でその様子がモザイク付きで放送されました。


歌いながらブラを直す内田ですが、黒いブラが見えてます。
モザイク掛け忘れでしょうか?


スタッフ
「はいOKです。いい絵とれました」


その事を振り返ってタモリが突っ込んだ事を聞いてくれました。


タモリ
「あれオッパイが見えたわけじゃないだろ? 何でモザイクかかってんだよ」

内田
「オッパイは見えてないですけど、ブラジャーが、線の無いトップレスっていうのをしてたんですよ。そしたら踊ってたら……トップレスじゃないか」

一同笑

タモリ
「トップレスで踊ってたの? すごい見たかったねえ。トップレス有紀ちゃん」

内田
「違います。ワイヤレス」

タモリ
「ワイヤーが入ってる?」

内田
「あれ? 違う。分かんない。ストラップレス?」
「それがですね、無いのをしてたんですよ。ブラジャーを。そしたら踊ってる最中に、胸のサイズと合わなかったみたいで、ずるずる下がってきて」

タモリ
「でかかった?」

内田
「でかいのしてて、アンダーのでかいのしてて」

タモリ
「あれ、黒いの見えてたのは降りて来たの?」

内田
「あれがブラジャー」

タモリ
「はぁ〜。始めからおかしいなとは思ってなかったの?」

内田
「始めからちょっとしっくりきてなかった」

タモリ
「後ろのダンサーの人、おもいっきり笑ってたね」

内田
「見えてたみたいですね」

女性司会
「今日はそういう事無い様に…」

内田
「はい」

youtube掲示板No.224 放送禁死さん)


爆風スランプのサンプラザ中野が、わざわざ観客側の方へのぼったら…


足を滑らせ、頭から観客の方へ落ちた。
その後、タモリは心配もせず「電球2個壊した」
(youtube掲示板No.593 放送禁死さん)

今井翼はチンチン、イー?







上半期トーク名場面集のVTRを見た後、

堂アナ 「今井翼さんの中国語…」
タモリ 「えっ何でしたっけ?」
堂アナ 「えっ何でしたっけ?」
タモリ 「忘れちゃったな」
堂アナ 「チンチン、イー」
タモリ 「えっ?」
堂アナ 「チンチン、イー」
タモリ 「あなたが言って満足しております」

(youtube掲示板No.27 放送禁死さん)

堂アナウンサーの乳首が浮き出ていた。
http://masanox3.blog23.fc2.com/blog-entry-549.html
(2005.12.23)(放送禁死さん)
キンキキッズの堂本剛が歌詞を飛ばして一瞬その場でガクっとしてましたね。
本人も笑ってたけど光一さんも笑ってました。(2005.6.10)(願い風さん)

次週「先週のハプニングについて語る」とかいって検証していましたね。
(放送禁死さん)


(挿絵 T君さん)
hideのステージで白塗りの半裸ダンサー達にhideが取り囲まれたり(曲名DICE)、乳首まる見えのダンサー達やセーラー服の娘たちがパンチラしてたり(曲名Hi−Ho)と8時台の番組なのにこの頃は結構過激な事やってましたね。
この番組は今でもサザンオールスターズとかたまにそういう事をやってますが。
(ひろしさん)

O-ZONEが出演し「恋のマイアヒ」を歌ったとき、画面に流れていた猫アニメのでたらめ日本語の中の
脱線してんの…」が
脱税してんの…」に差し替えられていました。
まあほとぼりがさめるまでの配慮でしょうね。
(2005.7.15)(不破銀狼さん)

「のまネコ」に関しては一連の騒動を懸念してか、映画「チキン・リトル」の主人公に変えられています。「米さ米酒か」の空耳歌詞だけが表示されませんでした(「Vrei Sa Pleci Dar」という元の歌詞は表示されていた)。これはアルコール薬物問題全国市民会が一気飲みを助長するという指摘をavexに対して行ったためだと思われます。確かに、フラッシュムービーではのまネコが一升瓶を一気飲みしています。また、のまネコが一升瓶を持った姿が「米酒」として商標登録されていたという問題もあり、これらが「米さ米酒か」という歌詞を表示させない原因になったといえます。(ヤシダさん)

Winkが登場してトークで海外の取材とか何かで、動物の睾丸やペニスなどを食べましたという話題で盛り上がり、歌へ。
歌の準備中の間で光GENJIの諸星が自分達が主演のCMのことで(マイクロマジックポテト?)「チンチンポテトもよろしく!」と発言。
タモリさん「今、睾丸とかの話題が出たんだからやめなさい!」と。ウケマシタネ!
(さんま歯科さん)
Mステ2時間スペシャル
オレンジレンジの真ん中のボーカルが
「しゃべんじゃねえ」と観客に真顔で言っていました。
なんだか空気が悪くなったっぽいのですぐ曲行きました。
(月神さん)
10年以上前、Mステに爆風スランプが出た時。
「さよなら文明」という曲で、2番の歌詞を差し替えて歌ってました。
(もちろん画面に出てくる詞とは全く違う)
強烈な歌詞だったのでよく覚えてますが…
『もしもこの世にコンドームが無かったら
ヤリたい気持ち どうして抑えよう
きっと 生でヤったら気持ちいいんだろう
もっと 感じあえるよね
(中略)
そうさ 僕ら 愛が無くてもSEXするから』
間奏でコンドームを客席にバラまくメンバー達。
苦笑するタモリさん&ゲスト。
演出だったのか何なのか、今では判りません。(にるさん)
爆風スランプ SINGLES-CD-
大塚愛がMステでちんちん発言(動画No.4222)

大塚愛「幼稚園の先生の免許を…」
タモリ「どうでした?実習は」
大塚愛「子供達の流行っているモノがいち早く分かりましたね」
タモリ「何が流行っているの?」
大塚愛「どうもねえ、ちんちんが好きみたいで…」
一同沈黙
(なおさん)

http://www.geocities.jp/makuranage4126/chin.html
(近さん)

(使用している画像の著作権はテレビ朝日が所有しています)

だいぶ昔に鬼束ちひろが出たとき、歌前のトークで飼っているハムスターの虐待話を笑いながら話していた。たしかお詫びもなかった。
(BUSHさん)

↑このことについての詳しい発言内容(Mステでの)
「東京に来て、ハムスターを飼ったけど、うるさかったからベランダに出したら次の日、凍死してた。今メダカ飼ってるけど、30匹が5匹になっちゃった。 水槽掃除するたびに減っていってる。今度はラクらしいから、猫飼いたいなぁ」
と、笑いながら話していたそうです。
ちなみに、鬼束さんの公式サイトには苦情が殺到し、そこの掲示板がパンク。
公式サイトで謝罪はあったらしいです。(しげさん)

レピッシュが「RINJIN」という曲で出た時に、
「♪帽子を被った私の息子と楽しく遊ぶは誰」と歌いながら、ティンティンを
モニタースピーカーにこすりつけてピストン運動し、抗議電話が殺到したらしい。
(Ryoさん)
藤井隆がライブやっている途中、紙ふぶきが口に入り咽てしまって歌えなくなったそうです。
(歌声は流れているのに本人は咽ている)
もろに口パクしていることがバレバレになったみたいです。
(あきさん)

ミューズックステーションでタトゥーが歌う前にドタキャン
来日中のロシアの女子高生デュオ「t.A.T.u.」がオープニングだけ出演し帰ってしまう前代未聞のドタキャン騒動。
司会のタモリが呆然。
本番オープニング終了後「t.A.T.u.」の2人が控室に直行、衣装を脱ぎ捨て番組スタッフにロシア語で不満をまくし立てそのままスタジオを去ったと説明。
タモリは番組終了まで10分を切った段階で
「タトゥーは帰っちゃいました。すみません。何が悪いのかわかりません」
と視聴者にドタキャンを告げた。(2003.6.27)(動画No.4144)

その後、t.A.T.u.は
「私たちだけのステージにしたかった。日本のスターたちに邪魔された」 と釈明。
その後テレ朝は t.A.T.u.を出入り禁止する声明を出した。
タモリの前ではt.A.T.u.の話は禁句となっており、
空耳アワーで「オープニング出たんなら歌えよ」言ってた気がします。(ZAKKUさん)
t.A.T.uの曲が投稿された時「2度とタトゥーの曲送ってくんな」ってキレていたそうです。
その年のいいともクリスマスイブ特大号で、爆笑問題がt.A.T.u.のモノマネをした。



(使用している画像の著作権はテレビ朝日が所有しています)

山下


タモリ倶楽部 (テレビ朝日)の空耳アワーで 

安斎肇
「次はタトゥーでよろしいでしょうか?」

タモリ
「ダメ」

安斎肇
「逆だ。逆拒否」

タモリ
「タトゥーはダメ」
「オープニング出たら出ろよ!」

と言っていました。(youtube掲示板No.87 放送禁死さん)

ミュージックステーションのスペシャル番組(生録)
米米CLUBが「JUST MY FRIEND」を演奏中に石井竜也が
歌詞を間違ってしまい、いきなり演奏を中断してマイクを持ち上げ
「ああ、やめだやめ。いくら歌っても売れやしないんだから!…(中略)…
音楽ってさ、もっとやりたいことやればいいんだ。そうだろ?」
のようなセリフを独白。すっかり会場も凍り付いてしまっている所に
お富さんか何か演歌を歌ってお茶を濁すというハプニングがありました。(特命希望さん)

↑明らかに演出ですよ。
カメラ割りもオブジェやカラオケが出てくるタイミングも完璧で、歌詞の字幕も出てたと思います。
米米のコンセプトは「誰もやらないことをしよう」で、
歌番組では字幕のほう指差して「あとは自分で歌って」と言ったりしてました。
(らるろさん)

歌詞は出ていませんでした。「JUST-」のはもちろん出ていましたが。やらせではないと思います。(こんさん)
サザンの歌で
マンピーのGスポット」って曲、堂々と流してたけど大丈夫なのか?
NHKでは絶対歌わしてもらえないと思うけど。(逆Lの男さん)

サザンオールスターズ ベスト曲集

桑田曰く、マンは萬田久子さんのマン。
ピーはピーターガブリエルのピー。
Gスポットはグレートスポット。
つまり頂点を極めるってことらしい。(うの さん)

「Mステ」は数年前のSPでも浜崎のリクエストで流してました。
(法律の出来る行列相談所さん)
HEY3に出演した時松ちゃんが「紅白とか出れるんですかね?」と桑田さんに聞いた
所、桑田さんは「出来ない出来ない」と否定したのですが、
後日それを嘲笑うかのようにNHKはあっさりとポップジャムにサザンを出演させ、
マンピーをノーカットで放送しました。

7月のNHK土曜特集のサザン特番でも、マンピー誕生のいきさつを詳しく語り、
プロモーションビデオなども普通に放送していました。
上記二つはしっかりリアルタイムでチェックしていましたし、
後者に付いてはビデオにも保存してありますので間違いありません。
他局でも普通に放送していましたし、この曲は放送禁止でも何でもありませんよ。
歌詞の内容自体はそんなにいやらしくはないですから。
(1995年5〜7月頃)(yosさん)

嵐がデビュー当時、ミュージックステーションに出演して、
トークの途中でメンバー同士で喧嘩する事件がありました。

浜崎あゆみのカウントダウンライブ(スカパー)
最前列の座っている女性に
「前の方座らないでくださ〜い」
「皆どう思う?座ってたよ今 」
「一番前でみてんのにさ座ってたよ 感じ悪いよね〜。」と発言。
観客はブーイングの嵐。
実はその女性は足が不自由なため車椅子に座っていたそうです。
http://www5d.biglobe.ne.jp/ ̄EMPEROR/hamaayu.mpeg
(放送禁死さん)

詳細は↓(ガチャピムさん)
http://susutaka1125.hp.infoseek.co.jp/net.11.htm

大きな歌番組で
かぐや姫の「神田川」の曲が流れて感想を聞かれたときに中居(香取?)が
「古い歌ですね」とヘラヘラして
スタジオにいた南こうせつがキレた。
「俺はどんな思いでこの曲を作ったか!」と喚き出し
同じくスタジオにいた武田鉄也も
「事務所のレールで歩いてるような奴は嫌いだ!」と激怒(テツさん)
昔、英国のバンド、スティングのいたTHE POLICEの日本ライブをNHKで放送したがドラムの各所に「お○○んこ」と日本語でばっちり書いてあったが1時間ほどずっと写ったままだった隠せなかったんだろう、BBCとか国営放送にけちつけてた当事のパンク系バンドなりのジョークだったんだろう。(ponsさん)
BS2でザ・イエローモンキーのライヴが放送されていました。
スプリングツアーというライヴツアーの放送で、のちにDVD化もされています。
ところがBS放送とDVDに違いが有りました。
「甘い経験」という曲で、BSでは「こんな番組待っていた〜」
と歌っているのがDVDでは「こんなSEXを待っていた〜」と歌っているのです。
同じ映像なのに歌詞が違うって変ですよね?
ちなみに後者の歌詞が正式な歌詞で、「パンチドランカー」というアルバムの歌詞カードに記載されています。
聴き間違いでしたらスイマセン!(2000年夏)(タン・ロンさん)
BS ザ・イエローモンキー PUNCH DRUNKARD
シャネルズが某有名メーカーからクレームを付けられて、ラッツ&スターに改名したのは有名な話ですよね?
(ラッキーウイングさん)
昔、渡辺徹が歌番組の司会で、CM中に元・光GENJIの諸星和己殴った。
あと諸星は駆け出しの頃の織田裕二と睨み合った事もあったらしいです
(テツさん、麻婆茄子さん)

少し前にダウンタウンDXで渡辺徹本人が話していましたよ。諸星和己の態度が悪かったらしくCM中にマイクで殴ったらしいです。名前こそ言っていなかったけど殴った相手は「ジャニーズ系」って言っていたので本当のことだと思います。
(くえすちょんマンさん)
横浜音楽祭新人賞を早見優が受賞したが、
「ファンの人たちがセンズルを送ってきてくれて応援してくれたおかげです」
千羽鶴をセンズルと間違えていた。
シブがき隊は後ろで「センズル、センズル」と喜んでいた。
(常識人さん)
1988年ころ大晦日にテレビ東京で放送していた音楽番組の特番で歌っていた浜田麻里が下が超ミニスカートで中の下着が丸見えだったのを覚えています。テレビ画面でもはっきりパンティーが見えたのでかなり短めだったのだと思います。ビジュアル的にも色っぽい歌手でした。
(あくびさん)

生放送には、ほぼ必ず、「ランスルー」という「通しリハーサル」があります。
おそらく、ある程度の露出は想定していたはずですが、この場合は「想定外」に見えてしまったのかもしれませんね。
(晩ですさん)
平成名物TVイカス バンド天国(1989年〜1990)(TBS)
アマチュアバンドの登竜門番組。
女性ボーカルのバンドが、採点を不服として、生放送中にもかかわらず、ジーンズを下着ごと脱い全裸になって抗議
(晩ですさん)
TV画面は急遽、三宅のアップに切り替えられて事無きを得た一方、このバンドの演奏時間は「退場」という記録となった。

演奏中止になったバンドのメンバー(女)が「パンツ脱ぐぞー」と叫んでズボンを脱ぎだしました。すぐにスタッフが駆け寄り、抱えだして行きました。(ラッキーウイングさん)

司会の三宅裕司氏が、この時の様子を自身出演の番組で時々語っていた。(ネットかなづちさん)

何かの番組(ロンブーとロバートの番組だったと思います)で当時司会の相原勇が、
「私の番組が終わってしまうと思った」と語っていました。
ボーカルの女性は、「どーせ、この番組はやらせですから」と言いながら、自分のバンドの紹介をし、何度も「やらせですから」と繰り返していた。で、自分の採点があまりよくなかったものだから、怒って脱ぎ始めた。 (! さん)

うたばん  (TBS)
モーニング娘の中澤裕子が歌番で本番中にブラジャーを直していた。

いつものように石橋と中居にメンバーがイジられながらのトーク中、
中澤が話しながら何気に脇に手をあてブラを直し、それを見た中居が笑いながら
『お前本番中にブラ直してんじゃねーよ!』
とつっこみ爆笑。中澤は照れながら苦笑い。
中居からはその後も
『カユいのか?』
とツッコまれてました。
トーク総集編なんかでも流れました。(AYATOさん補足)

(挿絵 和田アキ夫さん)
ミニモニがゲストで出演し、高橋愛と石橋貴明の振り付け対決の練習の時、高橋愛がスカートの中が見えるほど足を伸ばしていた。
しかしスカートの部分を、どうでもいいような石橋のセリフをテロップにして隠していた。(2003)(願い風さん)

最近の投稿で一番面白かったものです。
あとでチェックしたらパンチラだったんでしょうね。
撮り直し出来なかったからテロップで隠したのでしょうか。
「行列の出来る法律相談」って番組で、社内旅行の集合写真で女性社員のパンチラ写真を知らずに配付したら、
「慰謝料を払う可能性は60%」となりました。 
悪意はなくても、確認を怠った責任は重いようです。
厳しいですね。(マイケル)
とくばん(2時間番組)
石橋貴明がZONEのメンバーのミズホに
チンチンの先
とあだ名を付けたことにファンからの抗議が殺到。
抗議内容は「年端のいかない少女たちの顔を男性器そのものだと揶揄されている光景は痛々しくて正視出来なかった」
「本人の抗議にもかかわらず笑いモノにしている構図を心なく放送するTBSは社会的責任を果たしていない」
などという意見が圧倒的。
TBSは所属事務所とレコード会社が話し合って放送時に該当する発言箇所に仏具のカネと木魚の音をかぶせるなど、十分な対策をしたとコメント。(2002.3.28)

うたばんで面白いアーティストに貴さんがあだ名をつけるのは良くあるが、ZONEのミズホに「先っちょ」というあだ名をつけた時は相当、抗議の電話があったらしくそのあだ名は一回で終わった。
それいらい貴さんはあだ名をあまりつけていない。 (クリさん)



ミズホ
「私は?」

「えっ? う〜ん、な〜んかな〜あ。まだ顔が決まってないもんなぁ」

ミズホ
「決まっているじゃないですか、充分」


石橋
「なんか***の先みて〜だなあ」
(***は効果音)


最低! ふざけないで!


(テロップ通り)


(テロップ通り)


ミズホ
「何考えてんの? 何で笑ってんの みんな。ちょっと待って」


(テロップ通り)


ミズホ
「最低!」「もうヤダー」


(テロップ通り)

略)





ミズホ
「もういいよー。やめよ」
「先に行きましょう」


(youtube掲示板No.26 放送禁死さん)

夜のヒットスタジオR&N (フジ)

三田寛子のマイクの音声が入ってないのに、気づかずに歌い続ける。

井上順が別のマイクを持って来る。(動画提供 放送禁死さん)
http://www.youtube.com/watch?v=6IbDRoyDAdE

歌い直したけど、音程がめちゃくちゃでした。(KATSUさん)

岡田有希子幽霊騒動
死後に生放送で行われたため、そこに岡田有希子が映っているはずはないが、多くの視聴者から
「ジプシー・クイーンを歌う中森明菜の後に、ワンピース姿の岡田有希子が立っているのをはっきりと見た」
という内容の問い合わせ電話がフジテレビに殺到し、多くの新聞やワイドショーなどがこの問題を取り上げるなど日本中を巻き込む騒ぎに。
他にも「さんまのまんま」や「ザ・ベストテン」で岡田有希子の姿を見たという証言が多数。
(エルンハルトさん)

翌日の報知新聞の一面には、地面にうつぶせに倒れる彼女の遺体の写真が大きく掲載。
これはいち早く現場に駆けつけた報知新聞社のカメラマンが撮影。ところがその翌年、このカメラマンは交通事故に遭い死んでしまった。
前田武彦が番組終了間際に「共産党万歳!」と言って、かなりの期間テレビから干された。
友人が共産党から選挙に出馬して、当選したらテレビでバンザイするといった約束をし、当選したため、と前武さんが何かの番組で言ってた記憶があります。
本人は軽い気持ちでやったけどそれが原因で夜ヒットの司会を降ろされたということだそうです。
(血まみれの人さん、774さん、takeruさん補足)
タイマーズが曲を入れ替え(1989.10.13)
タイマーズが2局目のリハーサルの曲(偽善者)を入れ替え、突然FM東京を中傷する曲(禁止用語満載)を歌った。

FM東京 腐ったラジオ
FM東京 最低のラジオ 何でもかんでも放送禁止さ
FM東京 きたねえラジオ
FM東京 政治家の手先 何でもかんでも放送禁止さ
FM東京 バカのラジオ
FM東京 コソコソすんじゃねえ
おまんこ野郎 FM東京
FM東京 腐ったやつだ
FM東京 気持ち悪いラジオ 何でもかんでも放送禁止さ
FM東京 きたねえラジオ
FM東京 政治家の手先
おまんこ野郎 FM東京
バカ野郎 何が27局ネットだ おら〜 FM仙台 おら〜
おまんこ野郎 FM東京
ざまあみやがれ




MCの古館伊知郎とGWINKOもびっくり。


「お●んこ」とシャウトした直後、必ず女性ゲストの表情をカメラがとらえてました。



出演者もびっくり



「不適切な表現がございました」
「FM東京さん、本当に申し訳ない」


歌い終わってからも懲りずにGWINKOに抱きつくZERRY(清志郎


FM東京がRCの反原発ロック曲、又はタイマーズの「土木作業員ブルース」を放送自粛にしたのが原因と言われている。FM仙台は「谷間のうた」を放送禁止にした。


関東地区は「生放送」だったが、他の「一部地域」はそれを録画したものを1〜2時間遅れで「撮って出し」していた。当時、その「一部地域」でも内容はそのまま放送されました。(晩ですさん)

ttp://tsurugi.sakura.ne.jp/upload/src/up0497.wmv
(動画No.772、779、4146)(使用している画像の著作権はフジテレビが所有しています)

(挿絵 NAOさん)

ザ・ベストテン (TBS 1978〜1989)
THE ALFEEの中継で「メリーアン」を歌う時に音声トラブル発生(1983.9.8)
「恋人達のペイヴメント」(1985)
屋外からの中継だったのだがカラオケのテープを回す電源が落ちてしまい、スタッフが手で回したテープで唄うハメになった。
第1位の少年隊の歌唱終了後、2日前に自殺した岡田有希子に対して黒柳が視聴者に対して涙ながらのコメントを述べた。スタジオにいた中森明菜や荻野目洋子も涙した。(1986.4.10)
確か、他の歌手が修学旅行についての、話しをした後たけしさんに対して、
黒柳さんが「たけしさんは何か修学旅行の思い出は有りますか?」と聞いた時の答えが
修学旅行はオナニー2回
黒柳さんの、聞くんじゃなかったって感じの顔が印象的。
その時は生放送で当然音消しはありませんでしたが、後の総集編の時にその時の映像出たんですが、「ピー」音は入ってましたね。
「オナニーはNGなんだ!」とその時はじめて知りました。
(京阪乗る人おけいはんさん、TV-Xさん)
久米宏が愛人の自殺未遂騒ぎに責任を感じ謹慎宣言した。(1982.8.24)
トップテンか、歌のトップテン
エレベーターが途中で止まるハプニングが何回もあったような気がする。(M1号さん)
シャネルズが出た時、各地方ファンからの質問コーナーで18歳の高校生が
「シャネルズは黒人のくせにどうして香水の名前なんですか?」
と質問。
 シャネルズの鈴木は淡々と
「シャナナが好きなので」
「シャネルズと香水は関係ありません」
と答えたそうだが、黒柳徹子が
「『黒人のくせに』って何ですか!」と激怒。
エンディング直前、黒柳は目に涙を浮かべながら
「お時間のないところすみません。人のことを肌の色や国籍が違うというだけで『〜のくせに』といった一段上から見下ろすような言い方をするのはやめましょうね。つい言ってしまったことかもしれませんが、私はそういう言葉を聞くと泣けてきてしまいます」
といった主旨のことを述べた。
黒柳さんは人間ができている。人種差別は許されないと思いました。

先日TBSの金スマスペシャルで放送した「ザ・ベストテン」の裏話です。
(放送禁死さん)

矢沢永吉が歌う『This Is A Song for CocaCola』がランクインした時、スポンサーがKIRINのため、曲名を言えず「C.M.SONG」と紹介。
その後、11位から20位以内をキープしてた時は、今週の11位から20位の紹介をやめて、地方局ベストテンを紹介していたそうです。
情報元は『雑学庫知泉』というサイトです。(FUNTACKさん)
矢沢永吉/E・Y 80's
ザ・ベストテンの特番
ハプニングコーナーで中森明菜のノーブラ事件、松田聖子のパンチラ事件とかいろんなシーンがありました。
(M1号さん)

確かにありましたね。
今と違って、事務所も寛容な時代だったのでしょう。(晩ですさん)
ザ・ベストテン2004
渡辺美里が「悲しいね」を歌いました。
「幼いころはサンタクロース待っていたよ…」と歌っていましたが、
オリジナル歌詞は「幼いころはサンタクロース信じていたよ…」ではなかったかな?
小さなお子様への配慮でしょうか。
(2004.12.30)(不破銀狼さん)
長渕剛がランクイン。レコーディング中のため録音スタジオと中継を繋ぐ。
唄はVTRを使用。
終了後、再び録音スタジオ 。
長渕が「白いスーツの時のビデオ使ってって言ったでしょ! 約束守ってよ!」と発言。
赤坂スタジオの松下賢治アナは「それはそれは、申し訳ございませんでした長淵様!」と応酬。
(晩ですさん)

(挿絵 放送禁死さん)
総集編の新聞の番組欄には
「小泉今日子クソ!発言」
とあったが放送冒頭で、「小泉今日子さんのVTRは都合により放映いたしません。」と謝罪。
事務所不許可か?
(晩ですさん)
黒柳徹子
「西条さんは最近読書がご趣味と伺いましたが、どのような本をお読みですか」
西条秀樹
「はい、SMです

その後、「SFですよね」
って確か黒柳の方から訂正したと思いました。(1980年代)(はつかりさん他)

(挿絵 放送禁死さん)

長渕が純子を中継先で歌った時、歌を止めて
「すいません、この歌は悲しい曲なんで手拍子しないでくれませんか」
と言って歌い直した。
吉幾三も「俺ら東京さ行くだ」で初登場した時、1番の歌詞を忘れてしまい最初から歌い直した。
1989年の秋頃、南野陽子が「秋からも、そばにいて」の歌を途中で忘れてしまい、泣きながら歌い終えて
「申し訳ございませんでした」と謝った。 (神々の黄昏さん、泉州太郎さん)

ミュージックフェア (フジ)
シオノギ製薬提供のミュージックフェアで、過去に2回ほど、ライバル会社のCMソングが流れたことがありました。
(1)本木雅弘「東へ西へ」(1992〜3頃)=三共(現第一三共ヘルスケア)、リゲインCMソング
(2)SPEED「Wake Me Up」(1997)=ロート製薬、ロートZi:リセCMソング
さすが、格調高い歌番組、また、売り上げの9割を医療用医薬品で占めるシオノギ製薬だから、こういうことには目くじらを立てないでしょうね。
(gomaさん)
かつて、深夜番組のEXテレビが、番組欄でS・EXテレビと表示されるため、ステレオ放送をやめたということがあったけど、ミュージックフェアも、テレビ欄でS・Mフェアと表示されていた事がありました。(ゴマさん)

(画像提供 泉州太郎さん)

ザ・トップテン (日テレ 1981〜1986)
精神分裂症で入院歴のある長崎県佐世保市の家事手伝いの男が歌っていた中森明菜にノートを投げ付けようとし、警備員に保護され警視庁渋谷署に引き渡された。(1988.3.28)
マッチの親衛隊が明菜に「帰れ」コール


生放送中に中森明菜がエレベーターから降りて来る時から、マッチの親衛隊の女性から「帰れ」コールを浴びた。


堺正明もびっくりしていた。


(youtube掲示板No.203放送禁死さん)

ポップジャム (NHK)

司会の爆笑問題がL’Arc−an−Cielの事を、「ビジュアル系の…」という風に紹介したところ、
リーダーのtetsuがキレて2曲の予定を1曲で止めて帰ってしまい、以後しばらくNHK出演ボイコットをした。
(ニシムラさん、カッチャマンさん)


FAN (日テレ 1995〜1998)

ゴマキの弟が姉と喧嘩する話をしてる時に
「俺のTシャツ勝手に着てって、タバコのこげつけて帰ってきて喧嘩に、、」
って言った後、「煙草」って言葉に言った本人がかなりあせってたが、
今田がすごくうまくまとめた。


HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP (フジ)

今週のオリコンチャートTOP10を発表するコーナーで、7位のデトロイト・メタルシティだけが曲名をアナウンスされませんでした。他は歌手名・曲名両方がアナウンスされていたのに。
曲名はSATSUGAIです。だれが何に配慮したんだか。
週間チャートでTOP10入りしているだけに、他の歌番組での扱いも注目したいところです。
(2008.8.18)(不破銀狼さん)

番組の提供スポンサーの ライバル会社のCMソングだったからです。
もっとひどい歌番組だと、ランキングから外されます。
(YEH!さん)

フジテレビは「夜のヒットスタジオ」で、スポンサーの化粧品会社のライバル社のCMソングは大ヒットしても、歌手にはカップリング曲やアルバムの曲を歌わせてました。
人気歌手でその扱いだから、新人歌手や一発屋は出演さえできませんでした。
(LISTさん)

「SATUGAI(殺害)」という言葉自体が放送コードに触れている可能性があるみたいです。
ニュースでは問題ない言葉なのに、余りにも過ぎた自主規制ですよね。(ミドリさん)

殺害という言葉をギャグとして使うことがまずいのでしょうね。
報道とギャグ映画を同一に扱うのは無理があると思いますよ。(ぽてさん)

ラジオですが8/29のNACK5「ファンキーフライデー」では
「ユニークですね」とDJの小林克也氏がアルバム収録曲を読み上げ。
「SATSUGAI」のほか「あの子をレイプ」なんてのも読んじゃってました。
もっともこの人は大御所で自由にやってるので、放送局的には問題なしなのかどうかはわかりません。(不知火さん)

(1996)


テロップでは「言葉では足りん」ですが桜井は「僕はノータリン」と歌った。


(youtube掲示板No.552 放送禁死さん)

Mr.Children のライブアルバム「1/42」の歌詞カードは「僕はノータリン」が「言葉では足りん」になっているらしいです。
もちろん、シングルや「名もなき詩」が収録されているアルバム「深海」では、「僕はノータリン」になっていると思います。
(極度の超ドSの限界を超えた極度の超ドSさん)

そんなんドラえもんでは連発されてるやん(サイヤ人さん)

相川七瀬のタンス窃盗話はこちら

上戸彩がチンポいじり発言(2003.3.10)(動画掲示板No.185)


問題)「大人の遊びじゃなくて子供の遊びで、地面に…」
松本 「チ●ポいじり」 (●にはチーンと擬音)
浜田 「そこで何で『チ●ポいじり』がくるの?」
浜田 「上戸ちょっと言ってみて!」


上戸 「●●ポいじり」


一同笑いながら 「言っちゃダメだよ」

(使用している画像の著作権はフジテレビが所有しています)

(挿絵 Broncoさん)

パーフェクトランキングで、小沢健二「カローラ‖にのって」のタイトルテロップにモザイクがかけられ、歌詞の商品名の音声も消されていたことがありました。
スポンサーに対する配慮のようでしたが、やりすぎだと思いました。(カゲロウさん)

浜田
「最近お前のパクリが出て来てるやん!」


宇多田
???

浜田
「あれどう思う? 俺間違いなくあれはお前のパクリやと思うねん」


宇多田
「ああ、ああ、はははは…」

松本
「誰よ?」

浜田
「あれは、ええんか?」

宇多田
「別にいいんじゃないですか?」

松本
「えっ誰の事言うてんの? 倉木麻衣?」

浜田
「うん、おるねん。そっくりやねん」


(ここで倉木麻衣のジャケットと歌が流れる)●●●●
「なんかまねてんねん。歌とか」

宇多田
「ていうか、最初出てた時は…」

浜田
「あかんやんなあ」


宇多田
「アレッ、あたし?」

浜田
「思うよなあ」

松本
「俺知らんからなあ、分からんなあ」

浜田
「本人がエエエエエエって」

宇多田
「音消してて、テレビ見てて、ボーっとしてて、あれっ、ああ違うっ、えっ誰?
でも別に慣れてくると、私がだんだん変わってってるんで、ちょっと前の自分を見てるようで、別にあれは…」

浜田
「あれはテレビ見てる人間みんな思ったと思う。最初に。パクりやん!マネじゃん!」

松本
「それはもう、左手右手の…」

浜田
「ダメじゃん!」

松本
「左で始まり右で終わる…」

浜田
「本人どう思ってるのかな?」

松本
「ゴメンナサイ。僕は知らないんでよく分からないんですけど」

浜田
「でも、テレビのスポット見てたら出て来るよ。たまに」

宇多田
「彼女の周りの会社とかマネージャーとかプロダクションとかが、意識してるかもしれないけど」

浜田
「してなかったらあんなにならない」

宇多田
「彼女自信が別に何かしてるってわけじゃないし、可愛いから…」

松本
「でもそんな事言いながら、もし廊下で向こうから歩いてきたらガーン当たるやろ。
どうする? 向こうから歩いて来たら? ものすごいガンの飛ばし合い?」

宇多田
「イヤだ。そんなあ」

浜田
「というかね、会社が戦略するのはかまへんねん。君のパクリの子も多分自分でやったんじゃないと思うけど、
『こんな感じで行こうよ』って言われた時に本人が
『いや、これは宇多田ヒカルですから』って言わんとあかんやん」

宇多田
「なんか特許取っとけば良かったのかな?」

松本
「ここ出て来るかもわからへんで、お前」

浜田
「出て来たら出て来たで言わんと」

松本
「お前ちゃんと言えよ。本人目の前にして『お前、宇多田ヒカルパクってるよな』って言えよ」

浜田
「何でやねん?」

宇多田
「でなきゃ、裏表人間ですもん」

浜田
「そやな。出て来たらな。出てこないんちゃうかな」

(youtube掲示板 放送禁死さんより)

 

後に、倉木麻衣サイトからクレームが来た。
浜ちゃんが直接事務所に行き、謝罪したそうです。(くえすちょんマンさん)

ウヤムヤになりがちですが、この番組では「米米クラブ」ともトラブルを起こして、放送当日にテロップでお詫びを流したことがあります。(晩ですさん)

「音楽性の違い云々」だったか「音楽に対する方向性の違い云々」とかの長いテロップが、番組冒頭に流れていたのを見ました。(0123さん)

オープニングのダウンタウンの喋りで、まっちゃんが客に対して
「〜だからお前らアホやから中卒なんですよ!」と言い客は引いてた。
まっちゃんも言った後、「あかんあかん。これはあかん。」と小さい声で苦笑していた。
(1997)(むー さん)


コーセー歌謡ベストテン(FM東京 現TOKYO FM)
その名のとおりコーセー化粧品がスポンサーでしたが、当時のヒット曲に多かった資生堂やカネボウ(その他、コーセー以外の化粧品会社)のCMソングは、オリコンや他の番組で1位でもまったくランキングされませんでした。
普通の歌番組ならともかく、スポンサーとはいえ、ランキング番組ではこんな不公平なことは許せないと思いました。
その点、「ザ・ベストテン」や「不二家歌謡ベストテン」は、ライバル会社のCMソングでもちゃんとランキングしていました。
「コーセー歌謡ベストテン」で、他社のCMソングがランキングされなかったのは、単にライバル会社のCMソングというだけでなく、コーセーからは資生堂やカネボウのようなヒット曲がでないというやっかみがあったのかもしれません。(gomaさん)

他の番組でもたまにありますが、はがきや電話リクエストのみを集計してベスト10を流す番組は、実際に流行っている曲がかかるとは限らない場合があります。
結局、集計ポイントのソース次第です。
あと不二家歌謡ベストテンは、必ず演歌が20位以内に数曲ランクインされていて、
不思議に思ったことがあります(有線のリクエストランクを参考にしていたせいでしょうね)。(KATSUさん)

あと、「夜のヒットスタジオ」(資生堂がスポンサー)でも、同じ様なことが。渡辺プロの新人なら、ちっとも売れて無くても無条件で出演できたこの番組なのに、ナベプロ一押しの大型新人の桑江知子は、「私のハートはストップモーション」(ポーラ化粧品のCMソング)を歌っていたので、出演できなかった。
出れたのは、2曲目が出てからでした。
よく、渡辺晋が怒らなかったもんです・・・。
スポンサー>芸能プロなのですね・・・。(たけしさん)

昔、大沢善志幸が夜のヒットスタジオDXで大暴れした。
一回は名前間違えられたかなんかで、テーブルにあったジュースをなぎ倒してた。
あと、走り回って撮影用のクレーンかなんかに登って歌ってカメラが追いきれずぐるぐる回ってた。
「そして僕は途方に暮れる」でバラードのイメージがあったのに。
画面がグルグル回っていて吐きそうになりましたよ
(ドッカンターボさん補足)
タトゥー日テレ乱入!小泉首相を直撃
むか〜し、ユニコーンが沖縄でライブをやったとき、台風で1時間以上遅刻してやってきた。
ところが、そのライブはTV(たぶんBS)で生中継されることになっていた。
最初のうちは会場の様子を映すことでしのいでいたが、そのうちいくらなんでも
間が持たなくなってきて(というか、撮影スタッフが飽きてきたかで)会場にいる
女の子の中でカメラマンの好みの女の子を映して品定めをするのをずーっと中継し
て時間をつないだらしい。


NEXT→ 放送禁止歌編