(放送事故、ハプニング)
 
タレコミコーナー
放送事故タレコミコーナー【放送禁止用語も大公開】
   【TOP】
  放送事故の定義
  更新履歴
  全ての 掲示板 はココから
   バラエティ編
   バラエティ編(日テレ系)
   バラエティ編(日テレ終了)
   バラエティ編(TBS系)
   バラエティ編(フジテレビ系)
   バラエティ編(フジ27時間)
   バラエティ編(フジ終了)
   バラエティ編(テレ朝系)
   バラエティ編(テレ東系)
   バラエティ編(他)
   やらせ関連
   ニュース編
   ニュース編(NHK)
   ニュース編(日テレ)
   ニュース編(TBS)
   ニュース編(フジテレビ)
   ニュース編(テレ朝)
   ニュース編(その他)
   CMハプニンング
   CM自粛、中止、変更
   公共広告機構
   松下電器CM自粛
   CM雑学
   CM規制
   消費者金融CM
   海外CM
   お色気CM
   エキサイティング編
   エロ番組編
   温泉中継編
   スポーツ中継編
   オリンピック編
   ホントの事故編
   NHK編
   NHK編2
   NHK商品名編
   NHKエキサイティング編
   政見放送
   NHK放送禁止曲
   歌番組編
   放送禁止歌編
   笑っていいとも テレフォン
   笑っていいとも遅刻出演拒否
   笑っていいとも 年内終了
   笑っていいとも 観客乱入
   笑っていいとも コーナー
   ローカル局編
   テロップミス編
   アニメ編
   ドラマ編
   映画編
   特撮編
   電波停止編
   ガセネタ編
   海外編
   ラジオ編
   その他
   
  有名な放送事故
  ジャネットポロリ
  菊間アナ落下
  鶴瓶開チン
  集団窃盗告白
  8時だよ全員集合停電
 
  放送禁止用語について
  部落、身分差別
  人種差別
  職業差別
  障害者差別
  性差別
  わいせつな表現
  男性器表現
  女性器表現
  まんこ おまんこ
  汚い言葉
  「きちがい」
   
  リンク1
  リンク2
  リンク3
  リンク4
 
CM雑学
CMハプニンング
CM自粛、中止、変更
おわびCM
CM雑学
CM規制
消費者金融CM
海外CM
お色気CM
検証するため、全ての事例に対して動画、画像を募集しています。

そっくりなCM? 
「ビタミンウォーター」と「パブロン」のCM
速水もこみちと市毛良枝が出演されているビタミンウォーターのCMが「パブロン」のCMと酷似している気がするんですけど、具体的には
・3つの成分配合 というナレーション
・セリフなどがそっくり
・清涼飲料なのに最後に「ピンポーン」と口で言う
(619さん)

もう誰がどう見てもパブロンのパロディですよねw
あそこまでやられるともう清々しくていいですよ。わたしは
この手のCM大好きです。おそらく大正製薬にも話は通して
いるんでしょうね。これで話題になれば、大正側にもおいし
い話ですからね。(ぽてさん)

これですね。
CMギャラリー ビタミンウォーター サントリー
本当・・・(泉州太郎さん)

ある意味でCMの相互放送なんてのもアリですか?
例:(パブロンのCMにビタミンウォーター組がビタミンウォーターにパブロン組が交換して出演とか)
それにしても、サントリーと大正製薬って何か関係結んだり
してるんですかね?(619さん)

僕もかなり気になって
家族に「どう思う?」と聞きまくってしまいました。
提携してるならどこかにそう書きそうなものなのに
そのような情報をどこでも見かけません。(馬弐棒さん)

見たときには目を疑いました。
パブロンのCMじゃないのかって。
提携しているかどうかの情報が伝わってきませんし。
(そよ風の守り手さん)

現在、パブロンでは水野真紀バージョンのCMだけが流れていて、同じような形式(母親が竹下景子)のCMは流れていない(はず)ので、きっと大正製薬も了解しているんだと思います。(みみずくさん)

上手い具合に調整をしていますね!
まぁ、あそこまでパクると・・・もう・・・(619さん)

ここまで話題になれば、製作者の思うつぼでしょう。(とちさん)

逆に考えれば、あの流れだけで何のCMか
分かるパブロンがすごいですね。(摂摂さん)


http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/cm/1201524039/

比較広告
競合する他社商品の価格や性能などの数値を引き合いに出して自社の商品と比較することで、他社の商品よりも自社の商品の方が優位性があることをアピールする、広告手法の一つ。
欧米では昔から行われている手法で、従来は日本の広告手法ではタブーとされていたが、1986年に公正取引委員会のガイドラインが出てからは一部の業種で行われるようになった。
日本では比較広告に客観的なデータが求められることから、後発電話会社(いわゆる新電電)の広告で、ある地域にかける電話料金について、NTTグループの料金と比較した優位性をアピールするものが多い。<
また、新商品の発売に際して、自社の旧商品との能力などの比較(当社前身商品の型番比などと表現される)も比較広告の一つに考えられる。
オーマイスパゲッティー
パスタのCMだったとおもいますが、一家団らんのシーンで子供たちがパスタを食べながら「おいしいねママー」と言っていました。
それを聞いた母親は、「ママーじゃない!」とママースパゲッティーをライバル視したような内容のCMがありました。(まあしいさん)

一種の比較広告ですね。
日本では海外でやってるような露骨な比較広告はできないみたいなので、あのあたりが限界なのだと思います。
(泉さん)
セガサターンのCMも比較広告でしたね。
セガールとアンソニーというサルがゲームをしていて、母親(声のみ)に食事だという事で呼ばれる。
アンソニーはすぐにゲームをやめ、食事に行くがセガールはゲームをやめようとしない。それほどサターンは面白いんだよ。ッつー感じのCMでした。(ででおさん)
10年ほど前、今は無き缶コーヒーバーディーのCMで、ボス、ジョージア、ポッカ、ダイドー、ジャイブ(ファイヤの前のキリンのブランド)など、当時のライバル商品がずらっと出てくる、なんとも豪華なCMがありました。
根津甚八さんがいろいろなコーヒーを見比べてる懐かしいCMでした。(パソコン持ってませんがさん)
確かミドリ電化と和光デンキのCMがそれぞれ政党の演説を模した内容でもう片方のことを暗にイジる内容だった記憶があるんですが…。(BIRDMANIAさん)
規制が緩和されたり、一部の業種では盛んとはいえ、日本では比較広告は多くありません。その代わり、遠まわしな言い方でライバルを皮肉る(しかも、大抵、標的となるものがミエミエ)CMは相変わらず多いです。
やはり、日本で直接的な比較広告が増えないのは、規制だけでなく、良くも悪くも、直接的に皮肉や批判が言えない日本人の国民性にあると思います(広告主がクレームを恐れることも含めて)。(gomaさん)
テレビではありませんが、
毎日読むなら朝日新聞」というポスターがありました。
これも一種の比較広告かな?
(ぽんかんさん、泉さん)
比較広告に関する景品表示法上の考え方
確か10年以上前にEXテレビでアメリカのペプシCMの特集をやっていました。
アメリカではこの手のCMには寛容なようで、この手の比較CMも頻繁に目にします(当方現在は在米)。
ハマーのCMもずっとアメリカで放映されていたものらしいのですが、
日本に持ってきた途端にクレームの対象にされたようです。
EXテレビの出演者が、ハマーが歌い出す湿っぽいバラードは
以前コカコーラがキャンペーンか何か(?)に使用した曲で、
コカコーラを飲んだハマーがこの曲を歌うのは”見方によっては”
好意的にも解釈出来るとコメントしていました。
他にもEXテレビで紹介されていたペプシのCM。
数百年後の未来を描いた舞台で考古学の教授が学生を
引き連れて20世紀の人間のライフスタイルを紹介する。
教授の片手にはペプシ。未来でもペプシは生き残っていた。
掘り起こしたエレキギターを学生に見せて、
「昔の人はこうして騒音をかき鳴らして熱狂していたんだよ」
とある学生が、古びたコカコーラの空き瓶を教授に見せる。
「何だこれは・・・私にもわからない・・・」
未来の世界ではコカコーラはとっくの昔に滅びていた。(ばぐさん)

ハマーのCMの日本バージョンで、字幕では「他社のコーラ」と書いてましたけど、英語のセリフでは堂々と「Coke」としゃべってましたね(^^
(RERAさん)
コカコーラvsペプシ

ペプシのCM
コカコーラとの露骨な比較CMとして作られた。




ノリノリのステージで湿っぽいバラード(FEELING)を歌いだしてしまい、会場は冷めてしまう。


客がハマーにペプシを差し出す。




しかしペプシを飲むと再びノリノリになるハマー。



露骨な製品比較に怒ったコカコーラ社はこのCMを非難しテレビ各局もペプシのCM放送を取りやめに、対するペプシはコカコーラのやり方は独占禁止法違反だと言い、皮肉を込めた新聞広告を打ち出すことに。結局ペプシがCM中のコカコーラの缶にモザイクをかけることでCMは再開されることに。
(信用できる書籍及びネット上で見た話です。)(1991)(AYATOさん)




(画像提供 匿名さん 動画掲示板No.327)

とんねるずのみなさんのおかげでしたで放送されたパロディ




アメリカのペプシのCM
自動販売機の補充をするコカコーラ社員が補充を済ませ、一息つきペプシを飲んでいたというシーンが放送されていたのですが、コカコーラからクレームがあり、社員の服と乗っている車の社名の部位にモザイクをかけ放送されるようになって、かえって話題になりペプシの売り上げが伸びたようです。(通りすがりさん)

小さい男の子が自動販売機でコカコーラを踏み台にしてペプシを買うCMが外国でやってた。
http://gprime.net/video.php/pepsivscocacola
(みさん、近さん)

訴訟王国のアメリカだけど、CMは別。
他社を名指しする事は有りです。
日本のほうが規制が厳しいよ。(たかさん)

日本で散々騒がれたのに、懲りずに第2弾を流してたな。
「コカコーラライト1本でダイエットペプシ15本分のカロリーが取れます」ってやつ。
たしかTARAKOがナレーションしてた。
すぐに消えちゃったけどね。(赤城さん)


ペプシマンがコカコーラのトラックに追いかけられるが、よく見たらCave(?) Pizzaと書いてありました。
このCMはモザイクありとモザイクなし放送しました。
ちなみに、放送当時はトラックとドライバーの胸についているロゴはなんて読むのですか?という問い合わせありました。答えは、CAVE PIZZAです
(1998か1999)(nbn11さん、くえすちょんマンさん、匿名さん)

CM雑学
日本文化センター
地方によって電話番号が違うのは当たり前ですが、最後は全部2222なんですね。
(動画掲示板No.336 NAOさん提供)

日本文化センター電話番号リスト+α(りょうさん)

地方よって微妙でちょっと歌が違うとは面白い。(uddさん)
オーマイスパゲッティー
パスタのCMだったとおもいますが、一家団らんのシーンで子供たちがパスタを食べながら「おいしいねママー」と言っていました。
それを聞いた母親は、「ママーじゃない!」とママースパゲッティーをライバル視したような内容のCMがありました。(まあしいさん)

一種の比較広告ですね。
日本では海外でやってるような露骨な比較広告はできないみたいなので、あのあたりが限界なのだと思います。(泉さん)

セガサターンのCMも比較広告でしたね。
セガールとアンソニーというサルがゲー

日本で最初のCMは、昭和28年8月28日の「精工舎の時計が正午をお知らせします」という時計のCMです。
ところが、放送局の不慣れからフィルムが裏返しにかけられてしまい、画面はチラつくやら音は出ないやら、数秒で中止されてしまったとのこと。
ネットで調べました。
(くえすちょんマンさん)

CMのCMキャンペーンのページで見ることができます。
ですがページに置かれているのはフィルムが反転していない。
きちんとした物なので少し残念です。(パレード星人さん)

日本で最初にカラーで放映されたCMは、1962年のトヨペット・コロナ(トヨタ自動車)。砂塵を上げながらドラム缶を蹴散らすというもので、「スタント・ドライブシリーズ」の中の1つとして放映された。カラー放送を意識してか、赤・青・黄色のドラム缶が登場する。
日本シリーズ阪神vsダイエーが、激戦で、予断を許さない展開だったことから、うっかりテレビ朝日がcmのタイミングを逃し、勝利監督インタビューの最中にCMを入れたので、クレームがひどかった。
(蒼蒼さん)

民放連のCM基準は下記のとおり。タイミングについては記載がありません。
5分以内の番組=1分
10分  〃  =2分
20分  〃  =2分30秒
30分  〃  =3分
40分  〃  =4分
50分  〃  =5分
60分  〃  =6分
(晩ですさん)

ここ数年のオールスターではスポンサーのサンヨーの意向でCM明けを待ってから試合を再開する方式になっているようです。審判がネット裏のテレビのスタッフから指示を受けているみたいです。
(もよよさん)
テレビショッピングはCMではなく番組として扱うため何本でも放送できるうえ、収入にもなる。そのためほとんどの地方局は深夜と早朝は毎日テレビショピングを放送している。その目的は地上デジタル放送への移行資金とされるのだ。
CM中はニュース速報などのテロップは流れない、但し震度6弱以上の地震があったときの地震速報や津波警報発令中の津波地図のテロップに関しては、CM中でも流す局が多い。


スポンサーに配慮
桂三枝の三枝の愛ラブ爆笑クリニック
スポンサーが金鳥でした。
番組自体は問題なかったのですが、当時三枝が出てたCMがバルサン(中外製薬)のCM。
金鳥は何とも思わなかった?のですが、中外製薬がいちゃもんつけてきて(他社スポンサーの番組やってる人にうちのCM出るのはおかしいとかそんな理由)長年使ってたバルサンのCMから三枝を降ろさせてしまった。
(ガチャピムさん)(AYATOさん補足)
昔は今と違ってこのような矛盾が放映開始後に問題になるケースが時折ありましたね。
現在は、企画・契約段階で入念な確認が入ります。
それでも、CMではないものの、「はねるのトびら」の北陽のようなトラブルが起きたりしますが。
(晩ですさん)
某企業の友人から聞いたのですが、タレントとのCM契約にCMギャラとは別に、他のCMに出ないような契約やら何やらで念をいれるような契約もあるそうです。(詳しいことは知りません。すみません。)
(よこちゃんさん)
夫婦でCMに出てる場合、CM終了まで離婚できないみたいですね。
(ようこさん)
契約内容によっては、出演料返還訴訟になりかねませんからね。
(晩ですさん)
TBSでやってたTV探偵団に山瀬まみがでていたが、(三菱電機提供)
事務所が掟破りのライバル社CM(SONY?)のCMを受けてしまい、山瀬まみ降板。
最終回での異常なまでの号泣は、そういう裏があったそうな。
(泉州太郎さん)
伊東美咲主演のフジテレビ系列ドラマ「電車男」の提供に、三菱自動車が名を連ねているのですが、伊東美咲は、マツダ・デミオのCMにかなり以前から出演中。
なんで、彼女の主演がOKなのかな?
三菱自動車のCMにタレント・俳優が起用されていないから?疑問です。
それに、考えてみれば、伊東美咲が、劇中とはいえ、三菱ランサーに乗車していることも、スゴイことなんじゃないかな?(0123さん)

電車男の最終回、伊東美咲がランエボに乗って車が発進したときにテールが映ったのいですが三菱のCIマークがしっかりと白テープで隠されてましたね。
でも、伊東美咲が乗っていないときは隠し無しでした。
やはり配慮はされているようですね・・。(ギャラッシーさん)

電車男は。たしかauのスポンサー。
伊東美咲は、ボーダフォンのCMに出演のはず。
同じことは、ドラゴン桜の長谷川京子にも言える。
ドコモのCMにでていた(もう終わったのかな?)のに、ボーダフォン提供のドラマ・・・
ちなみに加藤あいがどこかのCMで出てくる携帯は、ちゃんとドコモでしかも三菱製です(w(ももさん)

それなら伊東美咲さんはボーダフォンのCM出てるのに、「電車男」の中で普通にAU使ってましたよ〜
そんなに出てるCMにこだわってたら、CM出まくってる人とかドラマに出られなくなっちゃいませんか〜?(イヒっ☆さん)

CMに出演するって事はその商品のイメージを背負うことなので、契約期間中は同業他社製品をプライベートを含むいかなる時も使用してはならないとかって契約だったりするんですよ。
それだけに契約料も破格なんです。
なんせ、CMキャラクターやってる人が他社製品使ってたら自分のCMやってる商品は他社製品に劣るという逆宣伝になってしまいますから。
今回のはボーダフォンとかのCM出演契約の中に同業他社がスポンサーに付いている番組への出演に関する事項が無かったのかな。(かなさん)

 

サブリミナルCM?
フジテレビの深夜のCM『ジャングル』
サブリミナル疑惑がささやかれた。
番組の宣伝ではなく、反エイズなどのキャンペーンのためのCMと自社宣伝を兼ねていた。

ハート編
最初、針を打ち込まれたり(右下の部分)、右上の膜状の部分に受精するるかのようなコマが入って、それからカビのようなものに覆われていく。
なお、ハートの上半分の形状は、胎内の胎児を暗喩している。
BGMは鼓動のリズムで、これは生理的に不快感と不安感を煽るリズム。
腐食に合わせて盛り上がり、恐怖心と嫌悪感を煽るよう計算されている。
広がっていくカビに、精液を思わせる白く濁った滴が無数に混じっている。
カビの強い影の部分をなぞると乱れた[A][I][D][S]の文字が浮かび上がる。
いうまでもなく、SEX、妊娠、注射はAIDSの主な感染源で、AIDSは抵抗力を失い、無害な細菌が繁殖し、生きたまま腐食していく病気。
鼓動のように明滅するハート=命がカビる、という表現がAIDSを意味し、これに対する嫌悪感を刺激する作りになっている。



(くえすちょんマンさん提供、動画掲示板No.29)

人形編
人形は人間を連想させる。激しいフラッシュによって浮かび上がる陰影はケロイド。
なお、フラッシュはサブリミナルの基本的技法。
時折、警戒色である赤が挿入され、無意識の注意を誘う。
人形の背景にあるのは泡=沸騰=熱のサブリミナルメッセージ。
「光(フラッシュ)」「熱」「ケロイド」が意味するものは「核」。
問題の歌詞は「授かりし 命 乱れ 成(あ?)りがたい 命」。
(15秒では「授かりし命 あふれ」)ただしこの歌は、過去引用の書込みにあるように、詩だと意識しなければ、単なる音楽かコーラスのようにしか聞こえない。メロディラインは「君が代」を模していて国粋的な感覚を刺激するサブリミナル。詞と合わせてこの歌には「穢れ思想」を刺激する意図があると思われ、穢れた命がどう扱われるべきかを問う内容になっている。
そして無数のケロイド人形を見下ろす形で、「ざまあみろ」のサブリミナル音声が最後に挿入される。(29秒くらいのところ) これは視聴者の意識に、被爆者に対する悪意的、差別的感覚を植え付ける意図が取れる。

「ざまあみろ」の直前のガチャーンと聞こえる音は、「JUNGLE」と言っているのだそうです。
人形編は核戦争の恐怖を刷り込み、核根絶を訴えるよなサブリミナルであるとされてます。
(鈴木門手さん、AYATOさん、ガンマさん、Taroさん、ネットかなづちさん)

(使用している画像の著作権はフジテレビが所有しています)
ポッキーデコレ
横倒しの英文字や図形模様がサブリミナルで含まれていて、指摘を受け後にその箇所を削除。
開始から約17秒で英字?のサブリミナルっぽい映像が入る。
http://www.glico.co.jp/pocky/cm/index_d.htm
(AYATOさん、Rickyさん)

フリースポット契約CM
ハウス食品、興和などは放送局とフリースポット契約しており、そのような契約をしている特定の広告主だけがスポットCM枠が空いた時にCMを入れる権利がある。特定の広告主のCMが大量に放映されたりするのはこの為である。
深夜、早朝によくあります。
青森放送でハウス「フルーチェ」のCMが20回くらい繰り返し流れたことがあった。 (1980頃)

挿絵 放送禁死 さん)
TBS系列かどこかで朝からピップがどこかのCMがずっと流れていたような記憶があります。
(1990頃)(さかなくんさん)
広島で30分間ずーっとCMだったことがある。
土曜日朝5時半頃テレビ朝日を見てたら「液キャベ」「キユーピーコーワ」「バンテリン」を延々と5分位流れてたことがありました。たまに連続でかかっていたりもしたと思います。(2005.5)(とおりすがりさん)
MBSで「サタデーずばッと」の第1部を見ていると、コーワとハウス食品のCMが交互に流れています。
同局で土曜深夜にやってる「エウレカセブン」の再放送でコーワのCM4連発というのには参りました。
(yasuさん)
関西だと深夜〜早朝は興和・AC・ニノミヤ(電気屋。最近は少なくなった?)・
バレエやオーケストラの公演などのローカルCM・・・といったラインナップで同じCMばかり流れるのをよく見かけます。(椎さん)
RSKの放送終了前のCMが
BPO(30秒)→共同募金(15秒)→デジタル放送(30秒)→AC(15秒)→BPO(30秒)と、普通のCMが1本も流れていませんでした。
また、昨年夏のOHKの放送終了前のCMでは、OHK主催の同一イベントのCM6連発というのがありました。(高瀬舟さん)
夜中にハウスのCM2種のみが繰り返し10回以上流れてました。
テレビ信州が28:05から2分間、米倉涼子が出てる麺の達人のCMずっと流してた。
ニノミヤ電気(関西ローカルよみうりテレビ)
深夜、CMが5分以上連続して流れた。
今でも相当流れているそうです。(2002)(はつかりさん、うのさん)
松本人志も
何で深夜は西田ひかるばっかりなんじゃー!!」って指摘してた。(ハウスのCMのこと)
山梨に住んでいたころ、山梨放送(YBS、日テレ系)で「料理の鉄人」(フジ系)が時差ネットで放送されていました。
しかし、45分の番組にもかかわらず1時間枠で放送されていたため、残りの15分が丸々CMで埋められていました。
しかも大半はフリースポットのハウス食品orコーワのもの。
普通は1分前後で終わるCM時間が5分以上も延々と続き、非常に間延びしたものに。結局数回で打ち切られました。
パワーテレビジョン(製作会社)がしばしば配給している穴埋め的なグルメ番組(「麺食いねぇ!」など)とセットで1時間放送にしておけば打ち切られずに済んだような気が。(takumiさん)


場面を盛り上げるだけ盛り上げておいてから
「正解はCMのあとで」
「最新情報はこのあとすぐ」。
こんなテレビの「山場CM」が多い番組に視聴者が不快感を抱いていることが、
榊博文・慶応義塾大教授(社会心理学)らの調査で明らかになり近著で発表された。
国際比較でも日本の山場CMは欧米より格段に多い。
テレビ局側の思惑とは裏腹に、そうしたCMへの好感度が低くなり商品の購買意欲も下がるという。
榊研究室は、慶大通信教育部、文学部の727人を対象にアンケートを02年に実施。
調査対象の半数近くが20代で、次いで30代が多かった。
調査では、視聴者をCM明けまで引っ張ろうとする山場CMに対する印象として、
強い肯定から強い否定まで九つの尺度で聞いた。「不愉快」について86%が肯定。
CM明けのシーンの繰り返しには、74%が「イライラする」と回答した。
山場CMを含む番組については、84%が「好感が持てない」。
山場CMの商品について42%が「好感が持てない」、34%が「買いたくない」と回答。
それぞれ60%前後あった「どちらともいえない」を除けば大半がマイナスの評価だった。
話の流れが落ち着いたところで出る「一段落CM」と比較すると、
山場CMが「商品を買いたくない」で3.8倍、「商品を覚えていない」も2倍と本来の効果をうち消していた。
http://www.asahi.com/culture/update/1106/TKY200711060131.html
まあ、大したネタじゃないものを延々と引っ張られて尚且つCMまで挟まれたらそりゃ不快だわ それがうやむやなオチとか次回持ち越しになったらもう見る気も起きん
(ガチャピムさん)

「山場が来たら、そろそろCMだろ」
って慣れてきました。
腹が立つのは、CM後の長めの繰り返し。
どうせ長いんだろうと、チャンネルのザッピングをしてるうちに山場を見逃したって事もありますね。(マイケル)

クイズ番組は好きなんだけど、ミリオネアは酷いね。
イライラして答えまで観たことがない。もんたのアップも耐えられない。
(自宅警備さん)

「リンカーン」で 出来上がった料理の
蓋をとって料理を公開する寸前 CM突入〜
の事だろうか(一筆啓上さん)

確かに山場CMもひどいですが、バラエティーなどで
「CMのあとに○○が登場!」と言っておきながら
CMがあけると次週予告に少し出ただけと言うのは
かなりひどいと思います。まあ時間を確認してれば
CM前に次週予告かどうかは判断できますが…。(naoさん)

美容整形外科を除く他の医療関係のCMをほとんど見ないのは、CMを打たなくても「あそこの歯医者さんいいよ」とか「あそこの先生に診てもらったら一発で直る」
等、腕が良いと口コミで評判が広がるから、CMを打つ必要が無い。
しかし美容整形は、いくら腕が良くてもそういう訳には行かないからCMを打つ。
しかし、腕(仕上がり?(笑)の良し悪しを決めるのは患者側だから、
「うちに来たらキレイになるよ」等の露骨な内容も出来ない。
と言った感じでしょうか。
(詳細ご存知の方ヨロシクです)(泉州太郎さん)



CMハプニンング
CM自粛、中止、変更
おわびCM
CM雑学
CM規制
消費者金融CM
海外CM
お色気CM